Location:Home > More > Turbo IHI › Undefined > インフラ屋とアプリ屋のあいだ: AHV Turboモードによる高速I/O処理その2RHE7.2以

インフラ屋とアプリ屋のあいだ: AHV Turboモードによる高速I/O処理その2RHE7.2以

Time:2019-01-10 09:18Turbochargers information Click:

Turbo イン モー フラ 屋と

前回はAHV Turboを利用するために推奨されるカーネルパラメーターがそもそも対応しているかの確認を行ってみました。
前回の記事通り、Redhat Enterprise Linux7.2(CentOS7.2)以降であれば、「scsi_mod.use_blk_mq」のパラメーターは利用可能となっていますが、デフォルトで無効になっています。

では、今回はこのパラメーターを有効にする方法をご紹介します。

まず、「scsi_mod.use_blk_mq」 は、カーネルパラメーターであることから、「/etc/sysctl.conf」に記載するイメージがありますが、このパラメーターは異なります。

このパラメーターはI/O処理にかかわるため、Linuxカーネル起動時に設定する必要があります。つまり、grubの設定に入れる必要があります。

では具体的に設定内容を見ていきたいと思います。

まず、grubファイルを編集します。

vi /etc/default/grub


もともとは以下のように記載されています。

GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto rhgb quiet"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"


これを以下のように変更します。
(GRUB_CMDLINE_LINUXに追加します)

GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto rhgb scsi_mod.use_blk_mq=Y dm_mod.use_blk_mq=Y quiet"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"


以下の2つのキーワードを、「GRIB_CMDLINE_LINUX」のquietより前に入れます。
挿入するパラメーター

scsi_mod.use_blk_mq=Y 

dm_mod.use_blk_mq=Y


パラメーターを追加後、作成したgrubファイルを適用する必要がありますが、Ubuntuでおなじみの「grub2-mkconfig」というコマンドをどうもCentOS(RHEL)では入っていないようです。
そのため直接GRUBファイルを作成するため、以下のコマンドを実行します。

grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg


その後OSを再起動します。

reboot


さて再起動後にパラメーターが正しく反映されたかを確認します。

cat /sys/module/scsi_mod/parameters/use_blk_mq
cat /sys/module/scsi_mod/parameters/dm_mod.use_blk_mq


いずれも結果に以下のようにYと帰ってくれば正しく反映されています。

Y


これで、AHV Turboの対応は完了です。

さらに高速になったAHV Turboをぜひ体感してみてください。



Copyright infringement? Click Here!

Related reading
Related recommend